国税局の調査部でもっぱら税務調査を行う部署は、どこですか?

banner 東京国税局調査部の例では、もっぱら税務調査を行う部署は、調査第一部の特別国税調査官と調査第二部~調査第四部の統括国税調査官だといえます。特別国税調査官には、統括主査、主査、調査官が配置されていて、4~5人で一つのチームが組まれています。チームが受け持つ業種ごとにK及びA~Fの7グループに分かれ、各々のグループに4~6班、合計35班が置かれています。製造業・金融業・卸売業・小売業等の各業種の法人のうち、売上金額や会社の規模等がトップレベルの法人を、調査対象としています。例えば、製鉄業では新日本製鐵・JFE等、海運業では日本郵船・商船三井、電機業界では三菱電機・東芝・日立製作所等が該当します。(.......続きを読む)

ダイジェスト


 

国税局の調査部でもっぱら税務調査を行う部署は、どこですか?

banner
統括主査、主査、調査官が配置されていて、4~5人で一つのチームが組まれています。

特別国税調査官

banner
統括主査1~2人、主査2~4人、調査官5~8人が配置され、合計12~13人です。

統括国税調査官の部門

banner
大きい部署が調査審理課です。調査審理課は、調査の終了後に、調査官が起案した…

調査部の調査への影響力

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.